| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ひよっこ」の武道館は小田原だった!

いやはや、今日はこの夏最高の暑さでした。
陽ざしも強くてジリジリと焼けつくような暑さ!
頭痛がしてきちゃいましたよ〜(;@o@;)



午前中に、「ひよっこ」の1週間分を見ていたら、オープニングのテロップに「撮影協力 小田原城総合管理事務所」というのを発見!6日(木)の放送分でした。
毎朝見ているのですが、出かける支度をしながらチラチラ見ている程度なので気づかなかったです。
でも、ビートルズが来日したときのお話なのに、どこに小田原城が出るのかと不思議でした。



宗男さんと滋子さんが駈けてくるこのシーン、千鳥ヶ淵じゃなくて小田原城址公園のお堀端じゃないですか!


  Canon EOS 6D + Canon EF24-70mm F4L IS USM

驚いたのはこのシーン。
チケットが手に入らなかったファンが押し寄せて、漏れ聞こえてくる音に熱狂しているこの場所は、銅門広場前です。
奥に見えるのは確かにタマネギをのっけた武道館!CGだったんですね〜!(〇o〇;)
本物の日本武道館にもこんな門がありますが、もっと離れてますよね…(^_^;)

それにしても、「ひよっこ」は面白いです(^^)V
登場人物のキャラクターがしっかり描けています。
朝ドラには、ときどき主人公よりも注目されるキャラクターが出てきますね。「花子とアン」の嘉納様とか「あさが来た」の五代様とか。
今回は何といっても宗男さんですね〜!(⌒▽⌒)アハハ!

| TV & Radio & CM | 22:14 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

昼ドラ「やすらぎの郷」にハマりました!



桜が見頃なのに、お天気が残念な土曜日です…。
ショッピングモールのソメイヨシノは、ほぼ満開になっていました。


  iPhone7 Plus

早くも散り始めている木もありましたよ。
少しでもやんでくれたらと思うのですが、明日も雨の予報なんですよね〜(__;)


さて、今週月曜から始まった話題の昼ドラ「やすらぎの郷」を観ましたか?
「往年の大物俳優たちが老人ホームで暮らすお話」程度の前知識しかなく、しかも第1話は録画し忘れていて見逃したのですが、2話から見始めてびっくり仰天、どっぷりハマってしまいました。

なにしろ出演キャスト陣が凄い!
石坂浩二を筆頭に、浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、五月みどり、野際陽子、藤竜也、ミッキー・カーチス、八千草薫、山本圭、風吹ジュン、名高達郎、近藤正臣等の昭和の映画界、テレビ界を支えてきた主演級のスターの面々!
若手では常盤貴子、草刈民代、松岡茉優。
さらに、主題歌は中島みゆきの書き下ろし新曲!
昼ドラとしては贅沢すぎるほどの豪華さです!ある意味で、とんでもない‘次元が違う’ドラマだと思います。

タイトルの『やすらぎの郷』は、これまでテレビ界に大きな貢献をしてきた役者、監督、脚本家だけが老後に無料で入れる老人ホームの名前。ホームを運営しているのは、かつて「芸能界のドン」と呼ばれた大手芸能事務所の元会長。
そんな物語の設定には、本来は国やテレビ局がそのようなテレビ界の功労者たちを「国の文化」としてもっと手厚く扱うべきだ、という倉本聰の強烈な皮肉が込められているのでしょう。
登場人物たちの会話の中には、2009年に死後1週間経って発見された大原麗子の孤独死(作中ではもちろん実名ではない)のことや、テレビ局が昭和40年代以前のドラマ作品の映像をアーカイブとして残さずに破棄してしまっていることなど、倉本聰が憤りを覚えてきたであろう現実のエピソードが次から次へと出てきてドキッとさせられます。
つまり、この『やすらぎの郷』は、シルバー世代向けのドラマという体裁をとりながら、実はテレビドラマによるテレビ界や芸能界に対する痛烈な批評なんだと思います。

最近の若者は、SNSなどのネット中心で、テレビを見なくなっているとも聞きます。
なのにテレビ局は意識改革ができていなくて、なんだか少しずれているドラマばかり作っているような気がします。
テレビドラマ大好きな私でも、最近のドラマは面白くないんですよね〜。
結婚したい願望ばかりの‘こじらせ女’や、出演者がエンディングでダンスを踊るドラマも、あまり興味がなかったです。
まぁ、年をとったせいもあるのでしょうけれど…σ(^◇^;)

石坂浩二さんのナレーションは穏やかで聞きやすく、キャストのセリフも大物俳優さんたちらしい自然さ。
近頃のドラマにありがちな、オーバーアクションで早口、必死さを感じるような喋り方にうんざりしていたので、20分間の放送時間が、とてもゆったりと心地よく過ぎていきます。
こういう良質のドラマを観たかったのよね〜!

| TV & Radio & CM | 22:46 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2018年春の朝ドラは、北川悦吏子脚本!



少し前に小田原フラワーガーデンへ行ったときに、手作りガラス雑貨を販売していました。
ガラスや陶器の雑貨が大好きな私♪この繊細な花器に一目惚れです〜♪
野の花をさりげなく活けたら素敵だろうな〜♪(*^_^*)
でもその日は遠くの駐車場に停めた車の中にお財布を置いてきてしまったので、買えませんでした…(__;)
いつかまた出会ったら、ぜひ!o(^-^)oワクワク


  Canon EOS 6D + TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

2018年春からのNHK朝ドラが『半分、青い。』に決まったと発表されました。
脚本が、北川悦吏子さんのオリジナル作品です。

舞台は高度成長期の終わりから現代までの岐阜県と東京。
子供の頃に病気で左耳を失聴したが、それを乗り越えた失敗を恐れないヒロイン・鈴愛(すずめ)が、ユニークな発想力を生かして七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明を成し遂げるまで、およそ半世紀の物語を紡ぎ出していく。
というストーリーだそうです。

大好きな脚本家のひとりなんですよね〜♪
『愛していると言ってくれ』に、どれだけどっぷり浸かったことか…σ(^◇^;)
『ロングバケーション』や『最後の恋』、『ビューティフルライフ』、『オレンジデイズ』もかかさず見てたな〜♪

北川さんの作品には、病気や障がいを持ったヒロインが登場することが多いなとは感じていました。
こんどの『半分、青い。』もそうですね。
でもどれも、お涙頂戴的な「かわいそう」という描き方はしていません。
ちょっとググってみましたら、

北川ドラマに障害者や難病の主人公が多く登場するのは偶然ではない。「私、病気や障害を持つ人の気持ちが分かるので、何とか元気づけたいなと思うんですね。健康になれない人って実はたくさんいるわけで。それでも希望が持てるようなものをすごく書きたい。夫が『おごっている』と言うんですけど、私はそう思ってやってきたし、これからもやっていきたい」
 出典 生きる証としての台詞 脚本家・北川悦吏子  :日本経済新聞


それは、北川さん自身が、10万人に1人という難病を2つも抱えているからかもしれません。
聴神経腫瘍のため、左耳は完全失聴しているそうです…。
ああ…、そういうことでしたか…。
『愛していると言ってくれ』や『オレンジデイズ』のリアルな感情表現は、そういうことだったのですね…。

来年の春が、楽しみです♪

| TV & Radio & CM | 22:24 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

ツッコミどころ満載になってきた「べっぴんさん」


  Canon EOS 6D + TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

11月も今日で終わりですね。
本当に、あっという間の1か月だったような気がします。
歳をとるにつれて、月日の過ぎるのが早くなるのは実感していますが、特に夏が終わるとあれよあれよという間に年末になっちゃう…!σ(^◇^;)


今朝は、とと姉ちゃんと星野さんのロマンスが報じられましたね♪(*^_^*)

そんな今日この頃、朝ドラ「べっぴんさん」にいろいろ物申したくなってきましたよ〜(-""-;)
主人公のすみれの口癖は「なんかなぁ…」ですが、なんかなぁ…と言いたいのはコッチなんですけど…。

明美ちゃんのベビー相談室に長蛇の列ができているのに、独身で母親ではないと言った途端に、新聞記事から明美ちゃんの存在すらカット! それを見ても、抗議するでもないすみれたち…。
戦後のベビーラッシュの時代で小児科も多かっただろうから、明美ちゃんは看護婦(今は看護師)の就職口がいくらでもあったでしょうに。英語もできるんだから、もっとバリバリ働けただろうに。
でもって、明美ちゃんは麻田さんと結婚しちゃえばいいのに!麻田さん(市村正親さん)は年の離れた妻大歓迎よ〜(*^m^*)ウププ

子育てしているお母さんの視点からの製品作りと言いながら、育児は喜代さんに任せっきり。
お世辞にも帳簿とは言えないどんぶり勘定で、税金とかちゃんと払っていたのか?
キアリスでたった1人雇っている武の仕事は掃除と子守? いくらお嬢さまたちとはいえ、お店の掃除くらい自分たちですればいいのに。
それよりも、(とと姉ちゃんの)水田さんを経理に雇ったら?(⌒▽⌒)アハハ!

モデルであるファミリアの創業者 坂野(佐々木)惇子さんが結婚したのは24才、ファミリア(ドラマではキアリス)を開業したのは31才。その割りに、いまだにすみれは女学生のような風貌だし、演技も表情が乏しい。

なんかなぁ…、主人公たちがふわふわしててイラつく今日この頃です。
ツッコミどころ満載になってきた中盤。
あと4か月、どう乗りきってくれるのかと期待してるんですけどね〜(^_^;)


写真は、花の少なくなってきた時期に色を添えてくれる、クロガネモチの実です。

| TV & Radio & CM | 22:38 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

「あさが来た」が素晴らしい!


  Canon EOS Kiss X7 + TAMRON SP AF 60mm F2 Dill MACRO 1:1

久々に朝ドラ「あさが来た」にハマっています(^^)
脚本・演出が良いし、キャストも素晴らしい!

ヒロインあさ役の波瑠さんは、自然で無理なく好感度が高い。
玉木宏さん演じる新次郎さんは、絵に描いたようなぼんぼんだけど、あさへの愛情は芯が通ってる。
近藤正臣さんのお舅さんはやさしくて「ごちそうさん」のときと重なります。
お付きのうめ役の友近も、前作の某ものまねタレントのように悪目立ちしてなくて巧いこと演じてますやんか〜!
そしてなにより、あさの姉はつ役の宮崎あおいさんが素晴らしい!
彼女が出ているシーンを見ていると、朝ドラと言うより大河ドラマのような気がするのよね〜!
そして、杉浦圭子アナの落ちついたナレーションが、このドラマを引き締めているのだと思います。
やっぱりプロだな〜!(^^)V

モデルになった広岡浅子さんは、村岡花子さんとも接点があったようですね。
ここはひとつ、吉高ちゃんが花子役で出てくれたら面白い!
それから、九州の炭鉱王 嘉納様(吉田鋼太郎さん)も出てほしいなぁ〜♪o(^▽^)o


写真は、ナナカマドの実です。

| TV & Radio & CM | 23:18 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT