2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

雄山火口(オヤマボクチ)

オヤマボクチ

雄山火口という名札を見たときには、雄大な火山が噴火している、火口に喩えたのかと。
ところが、調べてみたら違いました~(^◇^;)

火打ち石を打ち合わせて出る火花を移しとる綿毛を火口(ほくち)といい、葉の裏にある綿毛が火口になるのだそうです。
インパクトの強い花にばかり目がいってしまって、葉っぱの裏まで見てなかったわん…(⌒~⌒;A

| 花・植物 | 21:01 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |