2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

名盤「いくつかの場面」

いくつかの場面
  Canon EOS 20D + SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO

今日は急いで会社から帰ってきました。
寒い玄関先で、ジュリーが待っているはずだから…♪o(^o^)o ワクワク
はい!「いくつかの場面」が届いていました~♪

YouTubeで感動した「いくつかの場面」を聴きたくて買ったのですが、これはすごい名盤ですよ!
作詞が、阿久悠・及川恒平・松本隆・西岡恭三・藤公之介・加藤登紀子・大瀧詠一・河島英五。
作曲は、大野克夫・加瀬邦彦・東海林修・ミッキー吉野・大瀧詠一・河島英五という贅沢すぎるメンバー!

テレビ等で聴き慣れたジュリーの歌とはだいぶ違う、どちらかというと70年代フォーク色の強いアルバムですが、ジュリーはしっかり自分の歌にしているところがまたすごい!
なんといってもやはりラストの「いくつかの場面」が素晴らしいです。
ちょっと涙で声を詰まらせているような部分もあって、胸が熱くなります。
それから、「めぐり逢う日のために」の甘くせつないメロディラインも好きだな~♪と思ったら、作曲沢田研二でしたわ~♪

オリジナルは、1975年に発売されたアルバムです。
あの頃、こんな曲を歌って、こんなアルバムを出していたのねぇ…。なんで聴いてなかったのかなぁ、私…。(遠い目)

| ジュリー | 23:46 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |