2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ポポー、初体験

ポポーの無人販売所

ポポーという果物をご存じですか?
バンレイシ科の亜熱帯果実で、香りが強く、ねっとりとした甘さで、木に生るカスタードクリームと言われているそうです。
昔は関東以南で結構栽培されていたそうですが、傷みやすいので流通には乗らず、今では幻の果物なんだとか。
私も最近ネットで初めて知ったのですが、昨日フラワーガーデンへ行ったときに、近くの無人販売所にありました!

ポポーやカボチャなど

アケビのような形のポポーは3パック残っていました。
その他、いろいろな種類のカボチャも並んでいます。
おおっ、瓢箪型のはバターナッツカボチャじゃありませんか!
甘くてスープやスイーツ向きのカボチャだそうですね。
でも、原形をとどめないカボチャ料理(スープとかスイーツとか)は好きじゃないので、パス。

ポポー

皮はまだ緑色が強いのですが、下になっている部分はかなり黒くなっていました。
バナナ+マンゴー+リンゴ+桃のような香りがします。
ググってみると、完熟して自然落果する時には黄色くなっているそうなので、これはまだ早いんじゃないかと思ったのですが、一晩おいたらますます黒くなってきたので食べてみることにしました。

ポポー
  RICOH CX3

半分に切ると、大きな柿の種のような種が包丁に当たったので、途中からは手で折るように割りました。
薄い皮は桃のように簡単に剥けます。でも手がベタベタで滑る〜。
スプーンで掬うと、完熟バナナかマンゴーのようなねっとりとした感触ですが、滑るし種が邪魔だしで、食べにくい〜!
で、お味はと言うと…、う〜ん、よくわからない…。
たしかに甘いのですが、やはりまだ完熟ではなかったようで想像したほどの糖度じゃないし、果物にしては酸味が全くないので、なんだか「締まりのない甘さ」って感じ…。
正直なところ、美味しいとは思えませんでした…(~_~;)
残り1個は、とりあえず放置して追熟中です。(^^;)

| Foods & Drink | 23:44 | comments:4 | TOP↑

| PAGE-SELECT |