2019年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

銀杏の黄葉



上府中公園のイチョウが、見事に黄葉しています。

イチョウの黄葉の進み方は、樹齢や日当たりによって差が出ますね。
まだやっと黄色っぽくなってきたばかりの木もあれば、このように完全に黄金色になっている木もあります。
いつもなら、11月末には結構見頃になっていたのですが、今年はちょっと遅れ気味のようです。



イチョウの黄葉は輝くばかりに明るくて大好きなのですが、困りものなのがあの落ちた銀杏の臭いですよね〜(^_^;)
撮影のために銀杏並木に踏み込むと、スニーカーなどの靴底の溝に、ふやけた銀杏の果肉が挟まり、結構困ったことになります…(⌒〜⌒;A
街路樹のイチョウは、実が落ちない雄の木だけを選び、接ぎ木や挿し木をすることで、クローンを作って植樹しているそうですよ(^_-)-☆

| 花・植物 | 22:09 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |