PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高齢者の所在不明

ミソハギ
  Canon EOS Kiss X3 + TAMRON SP AF 90mm MACRO

事件や事故は、同じようなことが続くなぁと思っていました。
最近では、幼児虐待や沢登り事故、以前には車の引きずりやエレベータの事故も連続した記憶があります。
メディアが集中して取り上げるせいもあるのでしょうけれど…。

そして今、話題になっているのは、100歳以上の高齢者の所在不明です。
きっかけになったのは、生きていれば111歳の長寿者が30年も前に亡くなっていたのが判明したことでしたが、遺体がある家で何人もの家族が平気で暮らしていたことに驚愕しました。
113歳の女性についても、親兄弟と何十年も音信不通だなんて、ありえない気がしてしまいます。

毎年敬老の日に、100歳以上のご長寿の人数が報道されますが、もしかして今年は不自然な減り方をしたりして…。
関連記事

| Day's Memo | 22:28 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

ここまで希薄かと

ジェレさん。こんばんは。
ほんとうにね。家族や親戚、隣近所の繋がりは、もう蜃気楼になったのでしょうか。
20年、30年も不明のままって、どうも理解できません。
老後がこんなふうになるなんて、寂し過ぎます。

| yui | 2010/08/04 21:14 | URL | ≫ EDIT

★yuiさんへ

yuiさん、こんばんは
所在不明の高齢者の数が、毎日どんどん増えていっています。
今日現在で、52人って言ってましたよ~。
「何年か前に出て行って行方不明」という家族の言葉には、耳を疑います。
高齢の親がひとりで家を出て行って、行方知れずのままほったらかしってどういうことなんでしょうねぇ…?
なんだか、よくない顛末を想像してしまいます…

| ジェレ | 2010/08/04 23:05 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT