PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

30年目の8月12日



8月12日という日が特別な意味を持ってから、30年です。
テレビでは一日中、その話題でしたね。
御巣鷹の尾根へ慰霊登山をするご遺族の方々の高齢化が目立ち、30年という歳月の長さを改めて思い知ります。

長い年月ではあるけれど、ご遺族や、とりわけ4名の生存者の方々が受けた心の傷は、何十年経とうと癒えはしないでしょう…。
マスコミの無神経な取材ぶりには、いくら商売でもよくそんなインタビューができたもんだ…!と怒り心頭です。

川上慶子さんは、子どもを持つお母さんになっているとか。
ご結婚されて名字が変わったら、氏名だけで注目されることもなくなって、少しは楽になったかもしれません。


  OLYMPUS STYLUS SH-1

30年前のあの夜、今頃は搭乗者名簿の読み上げが繰り返されていたのを覚えています。
関連記事

| Day's Memo | 22:34 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT