PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミズヒキ



職場の女性社員(20代後半)が、今度の連休中に挙式披露宴をするので、職場一同名義の祝電を送っておきました。
引っ越し同居と入籍は6月、挙式披露宴が今月で、新婚旅行はまたいずれ…、だそうです。
近頃はこういう流れの結婚が多くなりましたね。
まぁ、合理的ではあるのでしょうけれど…(^_^;)

挙式披露宴の後、新婚旅行に出かける新郎新婦を駅のホームで見送る。
スーツ姿の新郎を、友人たちが胴上げしたりして、新婦はパステルカラーのスーツに帽子。
な〜んてのは遙か昔の昭和な光景ですね〜。「三丁目の夕日」時代か…(⌒▽⌒)アハハ!

とんとご無沙汰ですが、近頃の挙式披露宴はいろいろと大変なんですってね〜。
友人知人にウェルカムボードやリングピローやブーケを手作りしてもらうとか、余興(ミニムービーを作ったりとか)を頼むとか…。
本人たちは、一世一代のイベントに懸命なのでしょうけれど、私が頼まれた祝電は、無料の台紙に最低文字数の定型文例。えっ、これでいいの?的な…(°°;)
なんだかいろいろな温度差を感じてしまいましたよ〜(^_^;)


  Canon EOS Kiss X7 + TAMRON SP AF 60mm F2 Dill MACRO 1:1
関連記事

| 花・植物 | 23:24 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT