PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アルストロメリアを見ると思い出すこと


  Canon EOS 6D + TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

切り花によく使われるアルストロメリア。

この花を見ると、以前勤務していた会社を思い出します。
当時、週に1回 花屋さんから切り花が届いていました。
細い花瓶に挿せるくらいの数本ずつのお花がセットになっていて、各部に配布して職場に飾ってもらっていたのです。
経費削減!の今では考えられないほど、遠い昔のバブル期のことでしたよ〜(^_^;)

小室ファミリー全盛期で、ジュリアナ東京ではボディコンギャルたちが羽扇(ジュリ扇)を振り回していた時代です。
会社の昼休みに日替わりで外商さんたちが来て、‘数諭吉’の服や、着物、宝石や貴金属を売っていました。
さすがに着物を買ったことはなかったけれど、スーツやコート、宝石付きの指輪やピアスは結構買ったなぁ(^^ゞ
会社の昼休みにそんな買い物をしてしまう、まさにバブリーな時代でした。

話がそれましたが、毎週各部に配っていたその花束に頻繁に入っていたのが、アルストロメリアなのです。
デンファレも多かったな〜。
華やかで、花保ちもよくて、お手頃価格のせいかもしれませんね(^_-)-☆
関連記事

| Day's Memo | 22:15 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT