PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

寝言は寝てから言ってくれ…



毎週定例のグループミーティングで、4月から資材部署の納品受け入れについての変更点を聞かされました。
パレットに乗っているような大きな荷物は、これまでは配送業者が当社のフォークリフトを使って荷下ろししていたのですが、貸し出したフォークリフトで事故があったら大変だと言う理由で、車上渡しに変更すると。
要するに、配送車から荷下ろしするのが配送ドライバーから、当社の納品受け入れ担当者に替わるということです。
それはいいんですけどね〜、問題はその後ですよ。
納品受け入れ担当者がフォークリフトで依頼部署の建屋まで運んでいたのを、担当者の負担が増えるので依頼部署が取りに来いと…。

そんな大物の納入は多くても日に数個。これまでヒマそうだった納品受け入れ担当のオジサンが手の空いたときに運ぶのがそれほどの負担とは思えません。
どうしてひとつ仕事が増えると今までやっていた仕事を人に丸投げするんでしょうかね〜(-"-#)
どれほど作業工数が増えるかというきちんと数値化した説明も無しにですよ。
しかも、休みを取った日は、各部署で荷下ろしをしてもらいたいとか(〇o〇;)
寝言は寝てから言ってくれ(~。~;)

部内の誰かにフォークリフトの免許を取ってもらうか、配送ドライバーを待たせたままで、他部署のフォーク担当者に作業指示書を作成して上司経由で依頼することになります。
そしてそんなことを疑問視するでもなく、「はい、そーですか」と受け入れてくる上司にも腹立たしいばかりです!(▼皿▼メ)ノ


  Canon EOS 6D + TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

写真は、シベまで赤い緋梅の「鹿児島紅」です。
関連記事

| Work | 22:51 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT