PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

白梅っぽいけど緋梅性の、鈴鹿の関



花径が1.5cmくらいの、小輪の梅です。
一見白梅に見えますが、花びらの根元が赤い「底赤」で、なんと緋梅性なんですよ〜(^_-)-☆
緋梅性ということは、枝を切ると髄が赤いってことですね。(梅の分類はコチラ



小さな花が、まだ寒い季節に一生懸命咲いているのは健気で愛おしくなります♪


  Canon EOS 6D + TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

小田原フラワーガーデンの梅園には、このようなプレートが添えられているので、特徴がわかりやすいんですよ〜(^^)V
関連記事

| 花・植物 | 21:44 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT