PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平和記念式典の直後に放送してはいけない


Canon EOS 6D + TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD


今日も暑い一日になりそうな朝を迎えました。
広島に原爆が落とされてから73年目の今日は、あの日と同じ月曜日です。

平和記念式典で、「73年前の事実を、被爆者の思いを、私たちが学んで心に感じたことを、伝える伝承者になります」と、朗々と読み上げたこども代表の二人の言葉が胸に残りました。
安倍総理の話は覚えてないけど…。

なにより驚いたのは、式典の中継後に放送された「半分、青い。」ですよ!
「いっそ死んでくれたらよかった」こんなセリフを、この日に聞かされるとは…!!
今日、しかも式典の直後にこれを放送するのは不謹慎だから、今日は放送を中止して、明日2話分放送したらどうか、と言うNHK関係者はいなかったのか…?!

先週から今日の内容には、呆れかえるばかりです。
鈴愛のすることなすことすべてが異常!楡野家の家族の対応も全員おかしい!

離婚のことを親に相談も報告もせずに、いきなり実家に帰る。
しかも店の繁忙時に店頭から入って、お客さんがいる中でプライベートな話を大声で喋る。
「つくし食堂の鈴愛ちゃん、旦那に捨てられて出戻ってきたらしいよ」とフクロウ町中に、一夜にして知れ渡ったでしょうね。

きちんと事情も説明せず、こどもと二人でお世話になるという挨拶もせずに、友だちと呑み会に出かける。
娘に話を聞かずに、5歳児に問い詰め、涼ちゃんじゃなく三オバに電話するハルさん。
「鈴愛を問い詰めずにそっとしておいてやろう」って、心労で憔悴しきって帰ってきたならわかるけど、飲みに出かけるくらい元気なのに?

リツが離婚して実家に戻ってきていると早とちりをして、ずっと昔のプロポーズを断った言い訳をしかける。
「あの時無理と言ったのは、今は無理という意味だった。離婚したから、即OKする。もう一度プロポーズしてくれ!」と言いそうな雰囲気でしたよ。
「好きでたまらない」涼ちゃんに、いっそ死んでくれたら諦めが付いたと言うけれど、もうすっかり涼ちゃんのことなんか忘れてるでしょ。
リツと再会した途端、グイグイ迫る鈴愛…、怖いんですけど〜!
予告で「リツを支えたい」と言ってたけど、鈴愛は人を支えることなど今まで一度もできてなかっただろうが。いつも誰かに支えられて守られて、寄生していただけじゃん。

映画のために家族が邪魔と言った涼ちゃんはクズ夫だと思ったけれど、番組公式HPのインタビューで「みなさん、どうか許してください」と言っているのを見て、可哀相になってしまいましたよ…。
めちゃくちゃな脚本のせいで、その役を演じた俳優が謝罪するなんて…。

北川さんのツイッターや、番組公式インスタグラムには、絶賛のコメントばかりが載っていますが、何らかの操作があるような気がして、かえってイタい気がします。
関連記事

| TV & Radio & CM | 23:21 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT